トップイメージ

鉄道<鉄道遺産>

戸草トンネル(信濃町)

直江津から長野町まで開通した信越線の当初の鉄道構造物は、旧戸草隧道と大廻隧道がある。側壁が石積み、アーチ部はれんが造。断面形状寸法が日本初の逢坂山トンネルと同じく14ftと日本最初の制定断面。その断面がゆえ、電化改良になじまず、隣に新トンネルが造られたが、道路トンネルとして今なお現役である。 平成25(2013)年、土木学会選奨土木遺産になった。


<富濃>〒389-1312 長野県上水内郡信濃町富濃366

このページのトップへ