1. HOME
  2. 重要なお知らせ
  3. 感染性胃腸炎(ノロウイルス等)及びインフルエンザ感染予防の徹底について(通知)

重要なお知らせ

感染性胃腸炎(ノロウイルス等)及びインフルエンザ感染予防の徹底について(通知)

15.01.09

                                                             平成27年 1月 9日


        教職員・学生各位

 

                                            校  長


感染性胃腸炎(ノロウイルス等)及びインフルエンザ感染予防の徹底について(通知)

 

                                         

 冬季間は,感染性胃腸炎(ノロウイルス等)やインフルエンザが流行しやすくなります。

特にノロウイルスやインフルエンザは感染力が強く,集団発生を引き起こす可能性があります。

日頃から体調管理に留意し,以下に示した事項を参照して感染予防を心掛けましょう。

 

 

【ノロウイルス対策】

予防策① 手洗い

  ・帰宅時,調理や食事の前,排便時,また特に下痢をしている家族の世話をした後は石鹸と

   流水でよく洗浄しましょう。

 

予防策② 消毒

  ・感染者の便や嘔吐物を処分する際は,ビニール手袋やマスクを使用し,直接触れたりしぶき

    を吸い込まないようにしましょう。

  ・ノロウイルスは感染力が強いので,便や嘔吐物で汚れた衣類や床の消毒は塩素系漂白剤で

    行ってください。

  ・調理器具(まな板,包丁,ふきん等)は十分に洗い,熱湯や塩素系漂白剤で消毒して使用して

   ください。

 

予防策③ 加熱処理

  ・加熱できる食品は中心部まで十分加熱しましょう。特に二枚貝(カキ・アサリ・ハマグリなど)は

   十分に加熱して食べると安心です。

   また,二枚貝などの取り扱い時は,調理器具の消毒等の対策により,他の食材への二次汚染を

    防止するよう注意しましょう。

 

 

【インフルエンザ対策】

予防策① 手洗い,うがい

  ・インフルエンザには飛沫感染と接触感染があり,ウイルスの付着した手で口や鼻に触れると

   感染します。外出後や食事の前など,こまめに手洗い・うがいをしましょう。

    手洗い後にアルコール製剤を使用するとさらに効果的です。

 

予防策② マスクの着用

  ・感染者の唾液は咳やくしゃみで1m飛散するといわれています。感染した場合は,他に感染

   させないためにマスクを着用してください。

   また,マスクを外す時はマスクを内側にたたむなど,ウイルスの飛散に注意が必要です。

  ・流行時の外出には感染予防のためのマスクの着用も必要です。

 

予防策③ 予防接種と,十分な休養と栄養をとる

  ・予防接種を受けること,体力をつけ免疫力を高めることで,インフルエンザに感染しにくく

    なります。

 

※  基本事項の確認です。

 ・発熱・嘔吐などの症状を有する時は,症状に応じ,勤務や登校を自粛するようにしてください。

 ・家族がノロウイルスやインフルエンザに罹患した場合はマスク着用,手洗い励行など感染対策を

  行ってください。

 

※  その他,自身の健康管理に関し疑問や不安のある場合は,迅速に医療機関や保健室に相談して

   ください。

前のページへ |  一覧へ戻る  | 次のページへ

このページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校
〒381-8550 長野市徳間716 TEL.026-295-7003
学校案内
学科・専攻科
入学案内
高専ライフ
就職・進学