1. HOME
  2. 高専改革推進経費採択事業

高専改革推進経費採択事業

平成21年度 超広域連携に立脚した高専版組込みスキル標準の開発と実践

元気なら組み込みシステム技術者の養成事業

平成23年度事業報告書

高専改革推進経費採択事業

組込み技術教育システムの構築とその高度化 社会人向け教育コンテンツの学生教育への還元と展開

近年、組込みソフトウェアに携わる技術者にはより高度なスキルが要求されるようになり、この分野の人材養成を行う高専においても教育内容の高度化は急務になっています。

これまでに実施してきた「地域ニーズに対応した工学・技術基礎教育支援プログラム」(長野,H19-H21)、「元気なら組み込みシステム技術者の養成事業」(奈良,H19-H23)、「超広域連携に立脚した高専版組込みスキル標準の開発と実践」(仙台、H21-H23)、これら事業で得られた成果を高専教育に展開することは、高専の技術教育の高度化に資するものです。

本事業では、これらの成果を基に高専における「組込み技術教育システム」を構築、教育に展開し、より高度な開発スキルを習得した技術者の育成に繋げることを目的としています。

01 目的

社会人技術者教育で開発された優れた教材を、高専生向けの「組込み技術教育システム」として再構築、教育に展開し、産業界で活躍が可能な高度な知識と技術を有する優秀な技術者の育成を目指す。

優秀な技術者の需要増大
組み込みシステム・ソフトウェア産業

優秀な知識と技術を有する優秀な技術者の輩出
人材の需要

国立高専各校
将来の組み込み技術者を担う

技術者の育成
教材の公開と共有
ノウハウの共有化
問題の共有化

組み込み技術システムの構築とその高度化
先鋭化・高度化された効果的な「システムおよびソフトウェア教育」の構築

奈良高専
科学技術戦略推進費
元気なら組み込み
システム技術者

長野高専
社会人の学び直しニーズ対応
教育推進事業
地域ニーズに対応した
工学・技術基礎教育支援プログラム

仙台高専
大学教育充実のための
戦略的大学連携支援
超広域連携に立脚した
高専版組み込みスキル標準の 開発と実践

02 教材の連携

開発された実習教材および教育スキルマップを連携させ、より高度な開発スキルを習得した技術者の育成に繋げるとともに、ひいては国立高専間での教材共有に資するよう取り組みます。長野高専、奈良高専および仙台高専が連携し、先鋭化・高度化された効果的な「組込みシステムおよびソフトウェア教育」について検討します。
これまで独立に展開している
技術教育の創意工夫を得意な
分野を連携させることにより
より効果的な技術教育への
取り組みに発展させることが
期待できます。

奈良高専
元気なら組み込みシステム技術者の養成事業
長野高専
地域ニーズに対応した工学・技術基礎教育支援プログラム
仙台高専
超広域連携に立脚した高専版組み込みスキル標準の開発と実践

先鋭化・高度化された効果的な「組込みシステムおよびソフトウェア教育」の構築
・創意工夫の集積
・得意な分野の連携
・効果的な技術教育

広範で実践的スキルを持つ若い技術者を求めている
企業の求める組み込み
技術者の能力

高専卒業組み込み
技術者の能力
ギャップが大きい

社会人教育の実績から高い期待ができる!
ギャップが少ない

03 教材の多様性

長野高専が実施した社会人の学び直し対応教育推進事業「地域ニーズに対応した工学・技術基礎教育支援プログラム」(H19-H21年度)で開発し発展させた基礎デバイスや応用的デバイス教育教材、奈良高専が実施している科学技術振興調整費「元気なら組み込みシステム技術者の養成事業」(H19-H23年度)で開発したFPGA教材、仙台高専(広瀬キャンパス)が実施している大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム「超広域連携に立脚した高専版組込みスキル標準の開発と実践」(H21-H23年度)で開発された実習教材および教育スキルマップなど、多様な分野を包含する教材群を扱っています。

・応用デバイス・基礎デバイス・ハードウェア・スキル標準

04 スケジュール

高専カリキュラムに合わせた最適化

連携校での授業実施
モニタ校での教材評価実施

①履修カリキュラムの検討
②履修カリキュラムに合わせたテキストの修正
③効果的な指導に向けた教育手法の検討
④教材の製造
⑤テキストおよび教材情報の分布
⑥シンポジウムでの情報交換

再展開

効果的な「組み立みシステムおよびソフトウェア」

広範で実践的スキルを有する学生の輩出

教材頒布

05 事業の効果と波及

広範で実践的スキルを有する学生の輩出

高専が有する教育教材ノウハウの結集

連携により効果的な教育カリキュラムの提案

教育内容の相互確認とその評価

共通教材による教材開発コスト(人・金)の軽減

教材の共有・ノウハウの共有・問題点の共有

このページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校
〒381-8550 長野市徳間716 TEL.026-295-7003
学校案内
学科・専攻科
入学案内
高専ライフ
就職・進学