1. HOME
  2. 高専ライフ
  3. 理系で行こう!
  4. 高専ガールズトーク

理系で行こう!

高専ガールズトーク

高専ガールズトーク

国内外で活躍できる人に

小林 希さん
平成29年度 電子情報工学科5年生

高専を選んだ理由や電子情報工学科を選んだ理由はなんでしょうか?

 正直な話、あまり深く考えずに高専を受験することを決めてしまいましたね・・・。高専の存在を教えてくれたのは母でした。単純な当時の私は、「普通科と比べて3年も早く専門の勉強を始められる」、「5年間安定した環境で学べる」、「休みが長い」、「大学受験の受験競争から離脱できる」、「就職・進学率が良い」、「学費がそこまで高くなくて経済的」などなど・・・たくさんのメリットを知って、進路をいつの間にか高専1本に絞り込んでいました。こんなにいい学校なら受験するしかない!と(笑)。ちなみに、実際に入学した後、これらのメリットは全て本当のことだと思いました。高専の推薦入試と学力入試の2回、もし合格できなくても普通高校の学力入試と、3回も受験のチャンスがあるというのも安心感がありました。
 電子情報工学科を選んだ理由も、プログラマーになりたい!とかゲームを作りたい!という目標や希望を持っていたわけではなく、今の時代はパソコンを扱えると便利なんじゃないかという簡単なもので・・・(笑)。2年生から本格的に始まったプログラミングにとても苦労して、学科選択を間違えたのではと後悔したこともあります。パソコンをいじる授業ばかりかと思っていたら、ハードウェア系の授業で回路を組んでハンダ付けをしたこともありますし。高専はオススメですが、学科は向き不向きがあるので、選ぶときは本当によく調べてよく考えたほうがいいです。
 今は、あらゆる分野においてコンピューターの知識はニーズがあるので、電子情報工学科を選択して良かったと思っています!

高専生活で印象に残っていることはどのようなことですか?

 工嶺祭です。実行委員会に所属し、工嶺祭を運営する側として活動していました。実行委員会は1年生から5年生まで合わせて100人を超えます。工嶺祭という1つの目的に向かって協力しあう中で、男女、学科、先輩後輩の壁を越えて、いろいろな人と仲良くなれました!基本的にはみんな祭り好きのアツい人達なので、いつもにぎやかで楽しかったです。


工嶺祭夜祭終了直後

 

 私は夜祭の総合演出を行う係で、照明を担当していました。プログラミングでLEDを光らせたり、レーザービームを制御したりして、裏方として舞台を支えました。夜祭本番で、バンド演奏やダンスと自分の照明がぴたっとそろった時、鳥肌が立ちました。夜祭終了後は、達成感で涙が出ました。
 5年生最後の工嶺祭は特に思い入れが強く、もしできることなら同じ最高のメンバーと、もう1回やりたいです・・・!


演出係のみんなと

 


リハーサルの合間にレーザーと 一緒に写真を撮って遊んでいました

国際交流に積極的ですが,これまでの海外での活動を教えてください

 2年生の春休みに海外研修でマレーシア、4年生の夏休みにインターンシップで台湾、5年生の秋に国際学会参加のためにフランスを訪れました。高専から海外に飛び出せる機会は意外と多いです!


4年生の海外インターンシップで台湾へ! 現地学生があちこち案内してくれました

 

 個人的に海外を旅するのも大好きなので、長期休みを利用して、今までにベトナム、フィリピン、タイ、オーストラリア、マルタなど計10か国を旅行しました。マルタでは語学学校に入学したり、タイから高専へ留学中の同級生にバンコクの街を案内してもらったりと、それぞれの国で思い出深いできごとがあります。


タイのナイトマーケットで夕ご飯

 


タイのミスドで見つけた寿司ドーナッツ

校内では国際交流について,どのようなことをしていますか?

 校内では、所属している英語同好会の活動で、シンガポールや香港、タイなどアジアの国々から高専に来る留学生と英語で話したり、県内の観光地を案内したりして交流をしました。校内で開催される英語スピーチコンテストに参加する中で、留学生とも友だちになりました。
 寮生だとチューターという留学生の生活や授業のサポートをする制度があって、とても仲良くなっています。私は通生なのでうらやましかったです。学科によっては、3年生から留学生がクラスメイトになる場合もあります。


校内英語スピーチコンテストで 司会者をやりました

海外で印象に残っている経験はありますか?

- マレーシア
 異文化体験ができました。多民族国家で、マレー系、インド系、中華系など、文化や宗教がそれぞれ色濃く前面に押し出されています。街行く人々の顔かたちも様々なのですが、だからこそいい意味で周りを気にせず、むしろその違いを尊重し合って、1つの国家としてまとまっているところがとても魅力的な国です。イスラム教の女性のヒジャブがカラフルでかわいい(^^)
 バスの中で、日本人学生、マレーシア人学生全員でKiroroの「未来へ」を歌ったことが思い出深いです。日本のことを海外の人が知ってくれているのが嬉しかったです。


高専生活を大きく変えたマレーシア海外研修

 


マレーシアのモスクで 女子は髪を隠すためにヒジャブを巻きます

 

- フランス
 フランス人に対するイメージが変わりました。冷たくてプライドが高く、英語で話しかけてもフランス語しか返ってこないかと身構えていましたが、街の人はフレンドリーで親切でした。階段で重いスーツケースを運ぶのを手伝ってくれたり、電車で席を譲ってもらったり、優しくされたことは数知れず。あと、「煙草をくれ」とか「チケットをくれ」とかよく物をねだってきます。全然プライド高くなかったです(笑)。英語も基本的に通じましたよ。先入観にとらわれず、実際に関わってみることが大切だと思いました。
 空港に向かうバスが予定時刻より1時間以上遅れてきました。危うく飛行機に乗り遅れそうになりました・・・!

- マルタ
 初日にクレジットカードがATMに吸い込まれて出てこなくなった経験をしました。大変でしたが、こういう経験をすると少しずつトラブルに強くなる気がします。英語でカードを出してもらうよう交渉できたのも今となってはいい思い出です。

- 台湾
 ローカルバス乗りにチャレンジしました。同じ道でも、行きはタクシーを使って200元(700円くらい)、帰りはバスを使って1人6元(20円くらい)!バスは乗りこなすのが難しそうでしたが、頑張って乗ってみて良かったです。初めての場所で、初めてことに挑戦してうまくいった時の達成感が旅の醍醐味だと思います。

 海外では日常では起こりえないことや、想像していたのと180度違うことが次々に起こります。あたりまえの基準が国ごと違うので、海外への旅は驚きにあふれています。世界にはいろいろな文化や人や風景があって、興味が尽きることがありません!


国際学会で、研究内容を説明している様子

これから取り組みたいことや,将来の展望などはありますか?

 私は現在行っている研究の継続と、長期インターンシップを目的として、長野高専の専攻科に進学します。長期インターンシップ先としては海外を考えています。初めて3か月間という長い期間の海外滞在になるので、文化や人や宗教などその国を深く知り、視野を広げたいです。また海外で働くことを体験して、将来の進路の参考にしたいと思っています。
 将来は工学と語学の二刀流で、国内外で活躍する人材になりたいと考えています。まずは、英語力をもっと伸ばす努力をするつもりです。

高専への進学を考えている人へ

 高専は工学を学ぶためには最高の環境です。高校生と同じ時期から実習や実験をガンガン行って実践的な力を身に着けるので、5年経って周りの同学年と比べた時、大きなアドバンテージを感じられると思います。また、授業外でも趣味で技術力を伸ばしている人もたくさんいるので、お互い刺激しあいながら自分を高めることもできます。
 その一方で、工学という分野から離れることは少し難しくなり、工学が好きになれないと苦しい思いをするかもしれません。進路選択は、今後数年間の学生生活、そして将来を左右する可能性があるので、まずは、高専を含め候補として考えている進学先のことをよく調べてみてください!
 また、高専は女の子に特にオススメです。女子のためだけにきれいな更衣室があるし、先生方も男子学生と比べるとちょっと優しい扱いをしてくださる気がします(笑)。話したことのない子でも顔と名前は覚えていてくれたり、少ないからこそ学年の女子全員と友だちになれたりします。最初は男子ばかりの環境に驚くかもしれませんが、だんだん慣れてきますよ。

PROFILE

小林 希さん 平成29年度 電子情報工学科5年
長野高専専攻科電気情報システム専攻進学予定
現在は春休みに向けてモロッコ旅行を計画中!学生の間に6大陸制覇するのが夢です。

このページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校
〒381-8550 長野市徳間716 TEL.026-295-7003
学校案内
学科・専攻科
入学案内
高専ライフ
就職・進学