1. HOME
  2. トピックス
  3. 新聞報道「手の汗で体調測定 信大の技術使い開発 産学官金が連携 企業設立を支援」

トピックス

最新のエントリー
カテゴリ別に見る
月別に見る
RSSを取得
RSS feed

トピックス

新聞報道「手の汗で体調測定 信大の技術使い開発 産学官金が連携 企業設立を支援」

17.06.14

平成29614日(水)日本経済新聞 朝刊31面に、本校の坂口正雄名誉教授と信州大学医学部の大橋俊夫特任教授が開発した発汗計の研究開発と販売を担う「スキノスNAGANO」(岡谷市)設立の記事が掲載されました。

販売する「換気カプセル型発汗計」は、手のひらの汗をカプセル型の小型センサーを使い測ることで、温熱性発汗と精神性発汗の両方を計測します。発汗量を測る機械は世界で唯一です。

新会社の立ち上げは信州技術移転機関(TLO、上田市)や長野県信用組合(長野市)が支援し、今後は高専や大学発の技術を核に民間企業出身者や金融機関が共同で市場を開拓することを目指します。

前のページへ |  一覧へ戻る  | 次のページへ

このページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校
〒381-8550 長野市徳間716 TEL.026-295-7003
学校案内
学科・専攻科
入学案内
高専ライフ
就職・進学