トップイメージ

治水<治水遺産>

小牧堤防(上田市)

明治になると上田市周辺は蚕糸業が栄え、鉄道や松本と結ぶ幹線道路(第二路線)の上田橋の架橋などが進む。明治時 代には水害が連続して起き、大きな被害が発生。これに苦慮した県は、部分的な堤防工事に取り組みながら、抜本対策を 求めた請願運動を行う。その運動が稔り内務省は千曲川において大正7(1918)年から堤防建設に着手する。小牧、飯島、中之条堤防などの堤防はその以前に造られ、その特徴はいずれも不連続堤防である。

width="300" height="300" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen>
<住所>

このページのトップへ