トップイメージ

治水<治水遺産>

小森の石土手(長野市)

長野市の千曲川で川を横断するように造られたのが、小森の石土手である。江戸時代中期の瀬直しの遺構で、地元の有志の皆さんの調査で、現地発掘調査と文献調査が行われ、江戸期に治水のために造られたことが判明した。石土手の一部は国土交通省千曲川河川事務所の手により保存整備がされている。

width="300" height="300" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen>
<住所>

このページのトップへ